八木研究室
電気通信大学 大学院情報理工学研究科
情報・ネットワーク工学専攻
English Page

--  

研究室メンバー

--  


  2018年度メンバー
研究室所属の現在のメンバーは以下の通りです.
  • 教員
  • 秘書
    • 外山 いづ美
  • 博士後期課程
  • 博士前期課程
    • 池田 なつめ (M2): 「ランク誤り訂正と部分空間符号の一般の体への拡張に関する研究」
    • 濱田 寛也 (M2):「多重局所性を持つLocally Repairable符号に関する研究」
    • 藤田 隆寛 (M2):「盗聴者が存在する通信路において強安全性を達成するポーラ符号に関する研究」
    • 天田 成昭 (M1): 「情報消失システムに対する情報理論的研究」
    • 呉 啓鵬 (M1): 「レート歪み理論に基づくシャノン暗号システム」
    • 陳 凌雲 (M1):「PUF (Phisically Unclonable Function) に対する情報理論的解析」
  • 学部4年
    • 大関 研二郎: 「Locally Repairable符号の構成条件に関する研究」
    • 関 晴佳:「複数シンボルの修復が可能なLocally Repairable符号に関する研究」
    • 村松 祐紀: 「Locally Repairable符号を用いた秘密分散法に関する研究」
    • 山本 美樹男: 「条件付Resolvability問題における乱数生成レートに関する研究」
    • 黒田 竜誠:「プライバシーを保護した情報検索に関する研究」
    • 松橋 慧紀:「情報消失システムに対する情報理論的研究」
  • 研究生
    • 夏 文浩:
    • 謝 尚貴:

  以前の研究室メンバー
  • 2017年度修了・卒業
    • 稲葉 顕則 (修士課程): 「強安全性条件下における双方向放送型通信路の通 信路容量域」
    • 楊 玉明 (修士課程): 「定常無記憶情報源に対するポーラ分極の簡潔な証 明と非定常無記憶情報源への拡張」
    • 吉岡 佑起 (修士課程): 「レート分割法に基づくマルチユーザ通信路に対する格子符号」
    • 天田 成昭 (学部):「情報消失システムに対する情報理論的解析」
    • 加藤 里々佳 (学部): 「ピラミッド符号を用いた分散ストレージシステムに対する修復性能の解析」
  • 2016年度修了・卒業
    • ワムア (修士課程): 「生体識別システムに対する情報理論的性能解析」
    • 池田 なつめ (学部): 「ランク誤り訂正と部分空間符号の一般の体への拡張」
    • 濱田 寛也 (学部):「多重局所性を持つLocally Repairable符号」
    • ファム クアンタン (学部): 「可用性を有する巡回Locally Repairable符号の一般化」
    • 藤田 隆寛 (学部):「盗聴者が存在する通信路において強安全性を達成するポーラ符号の構成」
  • 2015年度卒業
    • 稲葉 顕則 (学部): 「出力アルファベットを拡張した双方向放送通信路におけるポーラ符号の構成」
    • 大川  輝 (学部): 「情報局所性と可用性を持つLocally Repairable 符号の構成」
    • 吉岡 佑起(学部): 「共通メッセージを有するガウス型放送通信路に対する格子符号の構成」
    • 楊 玉明(研究生): 「情報理論的セキュリティに関する研究」
  • 2014年度修了・卒業
    • 村越 礼門 (修士課程): 「部分協調可能な符号器を有する一般多重アクセス通信路に関する研究」
    • 梶田 海成 (学部): 「共通メッセージを有する双方向放送型通信路におけるポーラ格子符号の構成」
    • 木元  隆 (学部): 「敵対者が存在するシステムにおける秘密分散法の研究」
    • ワムア(学部): 「離散無記憶生体識別システムの信頼性関数の解析」
    • 姚 卓男(研究生): 「情報理論的セキュリティに関する研究」
  • 2013年度修了・卒業
    • 成田 智哉 (修士課程): 「デジタル指紋符号の達成可能レートと符号化法に関する研究」
    • Chen Yining (修士課程): 「LDPC符号に対する低計算量で実行できる復号アルゴリズムに関する研究」 ※JUSSTプログラム留学生
    • 本多 佑唯 (学部): 「多重アクセス通信路における情報理論的に性能を保証する量子化器の設計」
    • 村上光太朗 (学部): 「マルチアクセス通信路における LDPC符号の復号アルゴリズムに関する研究」
    • 楊  暁宇 (学部): 「2次元コードを用いた秘密分散法のマルチユーザシステムへの拡張」
    • Mikael Myrsten (学部): 「マルチメディアに対する電子指紋システムの評価」 ※JUSSTプログラム留学生
  • 2012年度修了・卒業
    • Francisco Javier Cuadros Romero (修士課程): 「Lookupテーブルを用いたLDPC符号の復号に関する研究」 ※JUSSTプログラム留学生
    • Ivan Castillo Camacho (修士課程): 「(k,n)しきい値法に基づく秘密分散法のマルチメディアへの応用」 ※JUSSTプログラム留学生
  • 2011年度卒業
    • 成田 智哉 (学部): 「デジタル指紋符号の達成可能レートと符号化法に関する研究」
  • 2010年度修了
    • 何 秋明 (川端研所属,修士課程): 「LDPC符号と線形計画法を用いた有歪み情報源符号の構成」
  • 2009年度修了
    • 瀧澤 健一郎 (川端研所属,修士課程): 「ノルムlpによるルート格子に対する最近点アルゴリズム」

 研究室メンバーの進路
  • 就職先
      NEC, 日本情報通信,NTTドコモ・システムズ,NECソリューションイノベータ,KDDI, NHK,DMM.com,東京電力,ブリジストン,防衛省,埼玉県教育委員会
  • 進学先
      東工大大学院,北陸先端大大学院,電通大大学院 IE研究科,電通大大学院 IS研究科
Copyright c 2018
All Rights Reserved
Department of Communication Engineering and Informatics
The Univ. of Electro-Communications, Tokyo, Japan